家の建築より土地の価値を重視すべきだったと後悔【土地探し失敗談ブログ④】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、鹿児島・出水を拠点している土地アドバイザーのイデです(^^)/。

【土地探しの失敗・後悔談】を全国の事例を募集してご紹介します。

家づくりは「土地さがし」から始まります。

第一歩の土地探しでつまづいてしますと後々が大変です。

失敗・後悔しない家づくりのためにも土地探しは十分な検討が必要です。

これから土地探し・家づくりを考えられている方の参考になればと、全国より募集いたしました。

今回は「家の建築より土地の価値を重視すべきだったと後悔」(D様)の事例です。

 

《家の建築より土地の価値を重視すべきだったと後悔》

特殊な形状の土地を格安で購入して家を建てました。いわゆる鰻の寝床のように横に細長く、平べったい家しか建てられない土地です。

場所は東京23区内なので戸建住宅のほとんどは建売販売になっていて、建築条件のない売土地は探すのが難しい地域なのですが、主人が仕事でお世話になっている建築士が独立してデザイン住宅を作っているため、家を建てるときはそこでお願いしたいという希望があり、土地を探していたのです。

そんな時に見つけたのが、その「鰻の寝床」の土地でした。

最低でも坪100万はする地域ですがその土地は相場の半額以下で、25坪の土地が1200万で売り出されていました。立地も希望していた地域で駅にも近く地形を除けば非常に良い条件でした。

そして建築士に相談していると「面白い家が作れそうだし、長い土地を使用して駐車場もなんとか確保できる」ということだったので、その土地に飛びついてしまいました。

建築士と相談し、細長い家ではありますが住みやすさは及第点の家の設計は完成しました。家の値段は約2900万で、戸建てとしては高くつきますが、特殊な形状としているので仕方なく、また土地が購入価格が安いので、家の購入予算として考えていた4000万程度で収まるため、納得していました。

そして完成し住みはじめて、憧れのマイホーム暮らしが始まり5年経つ現在まで特に問題はないのです。

ただ私たち夫婦も40歳を過ぎて親の老後問題に直面し、「自分たちもいずれは老人ホームなどに入ることになるんだろうね。その時は家を売って…」などという話題が出るようになりました。

そこで「家を売る」というワードが出て初めて、例えばそれが20年後であったら家の価値はなく、土地の値段だけになる…ということに気付いたのです。

本来、坪100万で25坪あったら2500万円の価値があるところ、うちはその半額以下の1200万円です。

その分、家はある程度奮発し建てたときは喜んでいたけれど、その価値はゼロになる・・・、今になってようやく気付き、将来の財産としては家より土地を重視すべきだったのだと、後悔が残ります。

マイホームを建てるときは一生住むつもりで考えがちですが、長い将来何があるかわからないので、住み替えはあるという前提で資産価値を重視して土地探しをすることをおすすめしたいです。

 

土地アドバイザーイデでした(^^)/

※プロフィールはこちらから≫

 

 

※シリーズ「土地探し失敗談ブログ」はこちらから≫

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*