Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/startpack3/marukyu-hana.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

施主様が新築見学会を提供する際のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お住まいづくりを検討する際にとても参考になるのが、実際の家を見る事です。

集合展示場でのモデルハウスは現実的でないものも多く、実際に住む方が建てた家が一番参考になります。

多くの方がお住まいをご検討の際には、住宅完成見学会に参加し、家づくりの参考にします。

しかし、ご自身の家の完成見学会となれば、開催するのをためらう方が多いのです。

もしあなたが施主様であれば、住宅の見学会を許可しますか?

これは、とてもデリケートな問題を含んでいて、多くの方が難色を示しているのも事実です。

では家を建てた施主様がどんな気持ちで見学会を開催されるのか、またはどんな気持ちで見学会を断るのか。

住宅完成見学会に対するお施主様の感想は賛否両論ありますが、アンケートによる調査結果をお話します。

 

メリット(施主の意見)

1 自慢の家を見てもらえる。

2 家づくりを計画している方の参考になれば、協力したい。

3 見学会予定の家は、職人さんの仕事具合を公開するので、仕事への姿勢も違ってくる。

4 住宅会社は、多くの人に見てほしい家だと、自慢できる証拠。

5 住宅会社は、印象が悪くなるような家は公開しないので、見学会をすることで安心できる。

6 建ててくれてありがとうの、恩返し。

7 サービス工事やお礼があるので得をする。

8 サービス工事を要求するチャンス。

出来の悪い家は見学会をしないので、いい家の証明と受け取る方が多いようです。

そして打算的な考えの方も^^。

 

デメリット(施主の意見)

1 純粋に家を検討している方だけではない。

2 間取り、収納を公開してしまう。

3 近所の賃貸物件住まいの顔も知らない赤の他人には見せたくない。

4 トイレ、浴槽、寝室の位置が公開される。

5 赤の他人にづかづか、入られたくない。

6 子供たちが、室内で暴れ、傷つくのが心配。

7 トイレを使用されたくない。

8 見学会に向けて、突貫工事されたくない。

9 近所の厚かましい方が、この家は金額がいくらだ!と噂してまわる。

真剣に家づくりを検討している方には、是非参考にしていただきたいという気持ちがあるのですが、冷やかしの方へは自分たちよりも他人が先に、家に入るのを気にされているようです。

そして、室内を見られることで、プライバーの問題や防犯の心配をされます。

自分たちが見学会に参加し、子供が走り回ってるのを見たり、室内のトイレを使用していた見学会があって、いやな思いをしたようです。

安心して見学会を開催するポイントは、住宅会社へ要望事項をはっきりと伝えることです。

 

要望事項例

1 来場者への手袋、靴下の使用してもらう。

2 トイレは、室内ではなく屋外に仮設トイレを準備してもらう。

3 子供の同伴は、極力気を付けてもらうように、お願いする。

4 お引渡し前に再清掃をしてもらう。

5 お引渡し前に施主検査し、傷などお気付きの点は補修してもらう。

6 来場者の名簿を提出するようにお願いする。

その他のあれば、ご要望をお伝えする。

上記を約束してもらえれば、安心して見学会を開催できるのではないでしょうか?

また、引き渡し前だから、勝手に見学会に使います!という工務店はまずありません。

基本、住宅会社は施主様にご迷惑・不快にならないよう気を付けており、手袋着用、室内トレイの使用厳禁等は常識の範囲内です。

 

見学会への考え方

メーカーや住宅会社の中には、住宅見学会を契約内容に入れてやっているところもありますが、あくまでお客様のお気持ちで、ご協力いただくものです。

住宅の完成までに、それだけの人間関係ができていることが多いです。

施主様に、「いい家を造ってもらった」と、感謝の気持ちを持っていただけ、その気持ちで何か協力できるならと、見学会を引き受けていただく。

そして住宅会社は、お施主様のご厚意により見学会をさせていただけ、営業活動ができるのだとしっかり受け止める。

お互いに感謝を意を伝える、理想ですね。大切な事ですね。

どんな分野でも言えると思うのですが、お金を払ったんだからきれいに作って当たり前だ!と思う方よりも、がんばって素敵に作ってくれてありがとう^^と、感謝できる方のほうが、結果的には良くなるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*