意外と見落としがち!土地選びに【土地探しの失敗談①】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、鹿児島・出水を拠点している土地アドバイザーのイデです(^^)/。

今回より【土地探しの失敗・後悔談】を、全国の事例募集してご紹介していきます。

家づくりは「土地さがし」から始まりますが、第一歩の土地探しでつまづいてしまうと後々が大変です。

失敗・後悔しない家づくりのためにも土地探しは十分な検討が必要です。

これから土地探し・家づくりを考えられている方の参考にしてください。

今回は「意外と見落としがち!土地選び!」(A様)の事例です。

《意外と見落としがち!土地選び!》

こんにちは。

私は神奈川県在住ですが実家は鹿児島の方にあり、両親の今後や自分の老後に向けて、3年前思い切って鹿児島で土地を購入を検討しました。

まず最初に土地探しのために、自分や両親の知り合いを回り、安くで買える良い土地はないかを聴きまわりました。

最終的に候補として3つの土地が残りました。

一つ目は、鹿児島の中心地に近い30坪前後の土地、

二つ目はそれよりも外れにある40坪前後の土地、

そして三つ目はかなり田舎の方にある土地で簡単な畑も作れるレベルの広さ。

両親と相談しながら、この三つの土地のうちどれが良いかを1か月ほど考えました。

一応、値段的にはそれほど差がなかったので、立地や将来性に重点を置きながら考えました。

その結果、三つ目の田舎の方の土地を購入することに決めました。

両親ともども、老後に住むならそういった場所の方が落ち着くだろうという考えがありました。

また、老後は畑仕事をしながらのんびり暮らしたいという思いがあったのも理由の一つです。

土地の契約手続きが終わったら、すぐさま家を建てる準備をしました。

このときも両親や自分のツテを歩き回り、最終的に一番信頼のおける建築会社にお願いしました。

自分自身の足も運びながら、家の完成を楽しみにしていました。

しかし、ここで問題が起こりました。

その土地はあまりにも僻地にあるため、夜間の街灯などがいっさいありませんでした。

(写真はイメージです)

 

日が沈んでしまったら周りが全く見えなくなるレベルです。

さすがにこれは困るということで、急遽土地の中にいくつかライトを建てることになりました。

このライトのせいで予算をかなりオーバーしてしまい、家が完成したあとに購入する予定だったものが買えなくなったのはかなり後悔しました。

 

いかかがだったでしょうか・・・。

この様な単純な事は結構多いのです。

単純なことですが、土地探しの段階ではまず気付かない盲点。

この様な事もチェックできる様、土地探しは経験豊富な家づくりのプロで探す事が大事です。

 

土地アドバイザーイデでした(^^)/

※プロフィールはこちらから≫

 

※土地探し失敗談ブログシリーズ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*