地震に強い家 の記事一覧

地震の事についてわかりやすく解説

地震のことについてしってますか?

日本は地震列島です。

日本の国土面積は世界の0.25%という僅かの大きさになります。
しかし、世界で起こるマグニチュード6以上の大きな地震は5回に1回が日本で起きているのが現状です。

今も日本人の多く方に記憶に残る1985年の阪神・淡路大震災・2013年の東北地方太平洋沖地震・2016年の熊本大地震と、想像をはるかに超えた被害をもたらしました。

続きを読む

家づくりなら高耐震のスーパーウォール工法

こんにちは、鹿児島市・日置市・伊集院町・出水市に拠点を置く「丸久の家創り」です。

今回は、我々が丸久の家創りが新築に取り入れている、高断熱・高気密・高耐震・高換気のスーパーウォール工法(SW工法)について、シリーズで説明していきたいと思います(^^)/

続きを読む

鹿児島・出水市で地震に強い家、耐震住宅。耐震等級と「制震・免震」とは

こんにちは、鹿児島・出水市の「丸久建設㈱・丸久の家創り」の社長の桑木です。

今回は、地震に強い家についてお話しです。

地震国日本では、そして鹿児島でも、建物の耐震は家づくりにとって、重要視されている1つだと思います。

家族の命を守るお住まいは、地震に強い家、耐震住宅・制震住宅・免震住宅の対策があれば安心して暮らせます。

続きを読む

耐震等級を知り地震に備える【鹿児島・出水市】

鹿児島市・出水市に拠点を置く丸久建設です。

今回は「耐震等級」の話しです。

九州・鹿児島も地震が多い地域です。

地震への備えとして安心できる耐震性の目安はありますか?との質問に対して。

家の耐震性能は、耐震等級1から3までの基準が定められています。

極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震に対して倒壊しない程度を耐震等級1(建築基準法)としてます。

続きを読む

意外と知らない、災害時に役立つ省エネ家づくりの4つの装備

今回は災害に備えた家づくりのお話をします。

九州は台風の災害が多く、土砂・河川の災害も多い地域ともいわれます。

最近では熊本地震に代表されるように地震対策も重要な要素であります。

そこで、災害に対する準備も重要なことになりますので、一般的な疑問をいくつか紹介します。

続きを読む