【鹿児島】不動産仲介手数料の計算方法の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土地や住宅を買う場合は、不動産会社を通して買うことが一般的になっています。

 

売買しようとする物件の売買が成立すると、不動産物件の価格以外に不動産会社へ仲介していただいた手数料をお支払します。

 

これが、不動産仲介手数料と呼ばれるものです。

 

不動産の購入を考える時には、物件価格費用と仲介手数料が必要になります。。

 

仲介手数料の存在を知らなければ、不動産の売買契約後に多額の手数料の請求が来て、支払に苦労する場合があります。

 

仲介手数料は一定額ではなく不動産の価格によって異なるので、仲介手数料は簡単な計算ですので覚えておくと、自分で算出できるようになります。

 

 

仲介手数料の計算

 

不動産会社が、購入者に対して法外な手数料を請求しないように、宅建業法で手数料の上限を定めています。

売買金額によって3段階を取り決められています。

・200万円以下

5.4%以内の額(5%+消費税)

・200万円超 400万円以下

4.32%以内の額(4%+消費税)

・400万円超

3.24%以内の額(3%+消費税)

 

400万円を超える物件ですと、上記3層構造をそれぞれ計算してそれらを足して金額が求めます。

例) 1,000万円の土地の場合の仲介手数料は

最初の200万円分が5.4%、次の200万円分が4.32%、残り600万円分が3.24%で、この3つの合計となります。
200万×5.4%+200万×4.32%+600万×3.24%=388,800円

大変、面倒で分かりづらいですね。

 

 

簡易計算式

 

覚えやすいように、簡易計算があります。
3層構造を全て計算せずとも、一回の計算で算出出来ます。

・200万円以下の場合

5%+消費税

・200万円超 400万円以下

4%+2万円+消費税

・400万円超

3%+6万円+消費税

 

例) 1,000万円の土地の場合の仲介手数料は

1,000万×3%+6万円+消費税=388,800円

1度の計算で済みました^^

 

では、ここからは+6万円て何?根拠は?という疑問を持つ方だけ、みて下さい。

400万円超の仲介手数料は3%ですので、これを計算基準とします。
200万円以下の仲介手数料は5%ですから、仲介手数料3%との差は2%。
金額にすれば、200万×2%=4万円です。
200万円を超え400万円以下の仲介手数料は4%ですから、仲介手数料3%との差は1%。
金額にすれば、200万円×1%=2万円です。

 

つまり、売買価格に3%を乗じて、6万円(=4万円+2万円)を加えれば、税抜の仲介手数料が計算できるわけです。

 

 

仲介の不動産会社について

 

手数料は仲介する不動産会社に支払うのですが、

 

仲介に入る不動産会社は1社とは限りません。数社入る場合もあります。

 

売却の依頼をする際の契約にもよりますが、一般的なパターンは、下記の2つがほとんどです。

パターン1

売主 → 不動産会社A ← 買主

これは、売主も買主も同じ不動産会社で仲介する場合です。
両方から仲介手数料をもらうので、2倍の報酬になります。

パターン2

売主 → 不動産会社A
買主 → 不動産会社B

 

売り物件には、仲介する不動産会社が看板を建てて早く売れるように努力します。

買主は必ずしも、その看板の不動産会社を通す必要はありません。

仲介手数料を安くしてくれるお知り合いの不動産会社がありましたら、その不動産会社に買主側の仲介として入ってもらうことが出来ます。

(売主側の不動産会社Aと、買主側の不動産会社B)

 

この場合は、売主は不動産会社Aに仲介手数料を支払い、買主は不動産会社Bに支払います。

 

 

仲介手数料の値引き

 

基本、仲介手数料は宅建業法で定められた金額内ということで、限度額で統一されてきましたが、最近は値引きしてくれるところも出てきました。

 

値引きが出来るのは、最近のweb営業等で経費が少なくて済むようになった事も要因だと言われています。

 

出費は少なく抑えられるものなら抑えたいですよね。

 

実は、少しの知識があれば、安く抑えられるのです。

 

仲介手数料を安く抑えられるだけでなく、更に不動産物件の価格も下がる可能性があるのです。

 

不動産会社に相談ではなく、住宅会社に相談してみて下さい。

 

きっとアドバイスがもらえると思います。

 

 

※鹿児島で土地探しなら「丸久の家創り」HP↓↓↓をクリック(^^)/

http://www.marukyu-hanacoco.com/land

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*