親子で自然を楽しく過ごす3つのスポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「子供に自然に触れてもらいたい」
私は、親としてそう思います。

私が子供の頃、近所の川で泳いだり
ザリガニやイモリを捕まえたり、

山でカブトムシやクワガタを捕まえたりと
自然が近くにありました。

近年では、ザリガニやイモリなんか
知らないんではないでしょうか?
外国産のカブトムシを
大型スーパーに売っている時代です。

私は、自分の子供に「多くの経験をして欲しい」
そう思ったのがきっかけで、
アウトドアライフを始めました。

でも、実は
「何したらいいのか?」
「どこに行けば見れるのか?」と
最初は疑問だらけでした。
今回は、今の時代だからこそアウトドアが必要だ。
という要素を
お伝え出来ればと思っています。

親子で楽しむスポット1 山

寝

まず、行かない事には何も始まりません。
お弁当持って車で行けるような山で
ご飯を食べるだけでもいいと思います。

子供にとっては、
外でご飯を食べる経験なんてあまりありませんから
それだけでも大きな第一歩です。

子供は、ヘトヘトになるまで
自然の中を走り回っています。
汚れたり、コケたりします。
それも子供なりの勉強なんです。

『神秘さや不思議さに目を見はる感性を持ち続けさせる事の重要性』と
確か、アメリカの海洋生物学者が言ってました。

虫を捕まえたり、
広場で遊んだり、
何かを作りだしたり。

誰が教える訳でもなく、
自分で考え自然の状況に適応していってます。

親子で楽しむスポット2 川

川風

川と言えば、水遊びですよ〜。
浮き輪やボール、水鉄砲にバケツ。
色んな物があると楽しいです。
大人も一緒に水に入って遊んであげましょう。
川で泳ぐ時もサンダルは着用しててあげましょう。
怪我の原因にもなります。

川風2

ワンタッチタープテントとグランドシートがあれば
疲れた時や、ママが休憩出来る
スペースの確保が出来ます。
水場の事故には、十分に注意して下さい。
絶対に目を離さない事が大事です。

 

親子で楽しむスポット3 海

海兄弟

海で遊ぶと、確実に汚れます。あと疲れます。
海水浴をしなくても着替え、タオルは要準備です。
大人は、日焼け対策をして
行かれた方が良いかもしれません。

波打際で遊んだり、貝殻を拾い集めてみたり。
私は、流木やシーグラスを
集めて回るクセがあります…。笑

帰る際には、水場で汚れを洗い流し、
砂を叩いてキレイに拭いて
車に乗りましょう。

 

まとめ

今回、自然で遊ぶ事の楽しさと
大切さに焦点を当ててみましたが
いかがでしたでしょうか?
大人も一緒に楽しむ事が出来ると思います。

家でTVばかり見ている子供、
公園集まってみんなでゲーム子供。

子供達にとって、自然は驚きや発見の宝庫です。
様々な娯楽が溢れている今の世の中だからこそ
自然触れる機会を作ってあげては、
いかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*