薪ストーブを設置すると1シーズンで薪をどれくらい使うのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、自宅を新築しました、設計担当の野付です。
私の新居では薪ストーブを暖房器具として使っています。

 

設置した理由は薪を購入しないで入手できれば、冬の暖房代は必要なくなるし、

ストーブで火を焚く暮らしが楽しそうだったからです。

薪ストーブを設置するときに気なっていたのですが、

「1シーズンでどれくらいの薪が必要なのか?」

 

今シーズンの初めには、上までいっぱいだった薪置き場から薪が

無くなりました。

私の家族は日中は誰も家に居ないので、ストーブを焚くのは

夕方に4本から6本の薪に火を点けて、追加の薪はほとんど入れません。

今シーズンは、だいたい50束くらい使っています。

1束は6本~9本の薪の束なので約375本の薪を使用しました。

今は2月の中旬でだいぶ温かくなってきましたが、まだ夜は寒いので

まだ10束くらいは使うでしょうか?

今年は薪ストーブデビューだったので薪を焚き過ぎて室温が26℃まで上がり、暑くなってしまうこともありました。

日中の外気温が25℃以上になると夏日ですから

室内が26℃になるとTシャツ1枚しか着ていなくても汗が出てくるくらいです。

来年からは適温で焚付けできるようになると思います。

春からは薪を集めて、割って、夏には乾燥させて

来シーズンに備えていこう!

 

丸久の家創り 設計の野付でした。

※丸久の家創りHPはこちらから(←クリック)

※薩摩じねん派HPはこちらから(←クリック)

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*