我が家の土地探し 旗竿地【土地探し失敗談ブログ⑨】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、鹿児島・出水を拠点している土地アドバイザーのイデです(^^)/。

【土地探しの失敗・後悔談】を全国の事例を募集してご紹介します。

家づくりは「土地さがし」から始まります。

第一歩の土地探しでつまづいてしますと後々が大変です。

失敗・後悔しない家づくりのためにも土地探しは十分な検討が必要です。

これから土地探し・家づくりを考えられている方の参考になればと、全国より募集いたしました。

今回は「安い土地には要注意!」(H様)の事例です。

我が家の土地探しにて、まず主人と話し合った譲れない条件としては、①最寄り駅まで徒歩10分以内 ②小中学校まで徒歩10分以内 ③70坪以上(建築会社で希望していたお家のプランで、駐車場2台分確保するとなるとこのくらいの広さは自ずと必要となりました。)④夜道が物騒でないこと でした。

このような条件で建築条件なしの土地を探していきました。

ちなみに誰が見てもいい土地というのは、建売業者さんに買われていたり、建築条件つきの物件ばかりでした。

わたし達はどうしても建てたい建築会社さんがあったので、建築条件なしで探しました。

購入した土地は、120坪弱で、駅から徒歩5分、小中学校も10分以内の旗竿地でした。

広さも立地も、価格も申し分なく購入に至りました。ちなみに価格においては、周辺の坪単価が45万を超えている中、そこは90代のオーナーが早く売り払いたいという理由で坪16万ほどでした。広い土地ですが、価格はそれなりで買うことが出来ました。

まず後悔したポイントとしては、周辺に歩行者専用道路があり、それがあることで車を敷地内へ入れるときにやや回り道をする必要があることです。

住んでいる地域一帯は、価格整理中でその事業が終わるときに歩行者専用道路も解除になるそうですが、まだまだいつまでかかるか分からない状況です。

また旗竿地ということで、余分なスペースが多く周辺の犬の散歩をしている人が敷地内へ入ってくることも多いです。

おそらく、入り口部分は誰かの所有に見えないのが理由であると考えられます。

犬のおしっこなどをかけられているのを見ると、なんとも悲しくなります。

また広い分、草取りが大変ということです。全部をコンクリート敷きにするとよかったのですが、そうなると初期費用や固定資産税が高くなるので、草取りをしていますがやはり大変です。

 

土地アドバイザーイデでした(^^)/

※プロフィールはこちらから≫

 

 

〇シリーズ「土地探し失敗談」はこちらから≫

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*